石膏ブロックマシン

簡単な説明:

煆焼された天然石膏粉末は、最初に粉末サイロに送られ、サイロはレベリング器具などを備えています。次に、粉末は計量サイロに入り、電子スケールで測定された後、材料はフェウマティックバルブを介してミキサーに入ります。水は水測定装置を通ってミキサーに入ります。他の添加剤は、実際の要件に応じてミキサーに追加できます。


製品の詳細

製品タグ

装飾石膏ブロック生産ライン

煆焼された天然石膏粉末は、最初に粉末サイロに送られ、サイロはレベリング器具などを備えています。次に、粉末は計量サイロに入り、電子スケールで測定された後、材料はフェウマティックバルブを介してミキサーに入ります。水は水測定装置を通ってミキサーに入ります。他の添加剤は、実際の要件に応じてミキサーに追加できます。

ミキサーでは、原料を強く攪拌しながら均一に混合した後、油圧旋盤により成形機の金型キャビティに自動注入します。スラリー硬化中の特定の適切な段階で、金型キャビティの上に装備された油圧成形ナイフを駆動して前後に動かし、ブロックの上部のほぞをこすります。スラリーの硬化と硬化が完了すると、中央の油圧ステーションが成形機のリフトシステムを駆動して、石膏ブロックを金型キャビティから列状に持ち上げます。次に、列に並んだ石膏ブロックを挟み、持ち上げて、成形機のスペースクランプで積み重ね棚に運び、次にブロックを乾燥機に運んで乾燥させます。乾燥機システムは、乾燥窯、循環ファン、循環空気パイプライン、熱風ストーブ、バーナー、調整ファン、トロリーで構成されています。窯、循環ファン、循環空気パイプラインは完全な熱風循環システムとして構成されており、熱風ストーブ、バーナー、調整ファンは熱と新鮮な空気を補うことができます。トロリーが窯の中の鉄道に沿って移動している間、熱風システムはブロックを加熱し、ブロック内の水分を引き出します。窯内には、窯の各所の気温を表示する温度検知装置が装備されており、窯を正確に制御するのに便利です。ブロックが乾燥すると、検査されて保管されるか、工場から出荷されます。

容量

100,000m2 / y-450,000m2 / y

オートメーション

全自動

燃料:天然ガス、重油、石炭、ディーゼル

乾燥方法

空気で乾かす

熱風ストーブ乾燥システム

主な原材料

石膏粉末、水、添加物

製品の寸法

厚さ: 70mm-200mm

幅: 300mm-500mm(調整可能)

長さ: 620mm、666mm

お客様の特別なご要望に応じて、他の寸法の製品を設計・製造することができます

 

製品品質の基準

国家規格JC / T698-2010に準拠


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください